ツアーナース 求人 海外

おすすめのツアーナース求人☆海外旅行の添乗ナース


 

私立高校の修学旅行で海外へ!


公立高校の修学旅行は、一般的に国内ですが、私立高校では、修学旅行で海外に行く事もあります。
ですから、海外旅行の添乗ナースの求人もあります。
ツアーナースは、ほとんどが1人参加ですが、大規模な私立高校の場合には、ツアーナースが2人参加する事もあります。
ツアーナースの仕事は沢山ありますが、海外旅行の仕事はかなり人気が高いので、求人が出るとすぐに埋まってしまいます。
ですから、求人情報をマメにチェックしておく事をお勧めします。
海外旅行のツアーナースは、日程の数ヶ月前に応募が出ます。
海外旅行に行く為にはパスポートが必要ですが、その申請などは全て自分の責任です。
パスポートは、申請してから時間がかかる場合があるので、早めに手続きをしておく事をお勧めします。
現地レートへは、日本で両替をしても現地で両替をしても自由ですが、現地へ到着してからは時間がない可能性もあるので、日本で両替をしておくと安心です。
ツアーナースに必要な救急バッグや常備薬は、学校が用意してくれますから、自分で準備する必要はありません。
ただ、自分用に常備薬を用意するなど、プライベートで海外旅行に行く時に持参する物は持っていきましょう。

 

 

 

 

海外旅行前は体調管理を十分に!


海外旅行は、長時間飛行機に乗りますし、時差もあるので、身体に負担がかかります。
その為、旅行に行く前には、しっかりと休息を取って、体調を整えておく事が大切です。
子供達の中には、飛行機に乗ったり海外に行くのが初めてで、楽しさや緊張感から、充分な睡眠が取れなかったという子もいます。
空港までの移動には時間がかかりますし、搭乗までの待ち時間も長いので、空港で貧血を起こしたり、体調が悪くなる生徒もいます。
空港の中で体調不良になった場合には、空港内の救護室で対応をしてもらいます。
海外旅行を楽しみにしている子供達には難しいかもしれませんが、海外旅行前の体調管理は重要です。

 

 

 

 

ダブルワークだと厳しい?海外添乗ナース


ツアーナースは、単発派遣の仕事なので、ダブルワークとして人気があります。
国内の修学旅行や自然教室、それに、スポーツ合宿は、1?3泊というような短期間なので、連休などを利用して参加する事ができます。
でも、海外旅行は5泊以上の長期間になるので、常勤やフルパートをしている方は、ダブルワークとして働くのは難しいかもしれません。
ツアーナースの仕事は、修学旅行がメインです。
修学旅行の仕事がほとんどない冬の時期には、スポーツ合宿やスキーツアーの仕事があるので、ツアー先にこだわらなければ、1年中コンスタントに働く事ができます。
ただ、海外旅行の仕事は少なく、毎日仕事があるわけではないので、ツアーナースだけで稼ぐのは厳しいかもしれません。
ツアーナースをしている看護師のほとんどは、本業を持っているか、他の単発派遣の仕事と掛け持ちをしています。
派遣看護師であれば、時給2,000円以上の高待遇の求人が多いので、ツアーナースと掛け持ちで働けば、常勤看護師以上に稼ぐ事も可能です。
ツアーナースは、旅行を楽しみながら働けますし、いろいろな場所に行けるので気分転換もできるし、他の単発派遣をコンスタントに入れていれば、生計を立てる事ができます。

 

 

 

 

海外添乗ナースと言っても日給は国内と変わらない


ツアーナースは、交通費や宿泊費など、すべて負担してくれるので、海外旅行の仕事となるとかなりお得です。
ただ、海外に行くとなると、パスポートの申請が必要ですし、スーツケースを用意したりと、準備をするのに何かとお金がかかります。
それに、海外旅行も国内の修学旅行や自然教室も、日給に変わりはありません。
国内のツアーナースよりも多少日給が高い場合もありますが、準備にお金がかかるので、トータルで考えると安くなってしまうかもしれません。
でも、自費負担をしないで海外旅行に行けますし、日本人コーディネーターがいるので、安心して観光地巡りをする事ができるのは、とても魅力的です。

 

 

 

 

海外旅行は何かとトラブルが多い!事前の下調べをしよう


海外の修学旅行では、現地の食事を摂る事になります。
日本食を摂る事はほとんどないので、食事が合わなくて体調を崩してしまう生徒もいます。
海外は水質が違う為、水が合わなくて下痢を起こしてしまうというケースも少なくありません。
現地で体調不良になり、救急バッグなどで処置をしても改善されない場合は、医療機関で受診をしますが、日本の保険は当然使用できません。
現金で支払う事になりますから、かなり高額です。
ただ、事前に任意保険に入るように勧められる場合があるので、保険に入っていれば小額の負担で済みます。
もし、現地の医療機関に行く事になっても、日本語が話せるコーディネーターがいるので安心ですし、実際に、医療機関へ行く程の状況になるケースはまずありません。

 

 

 

 

海外旅行の添乗ナースは人気があるけど、求人数は少ない


海外旅行のツアーナースは、求人数が少なくて人気がある為、求人が出るとすぐに決まってしまいます。
滅多に出る事もない為、この仕事を経験するのはかなり狭き門です。
ツアーナースをしながら生計を立てたい、という方は、海外旅行の求人が出るのを待っている間に、国内の添乗ナースや単発派遣と掛け持ちをする事をお勧めします。
単発派遣は時給が高いので、コンスタントに仕事を入れれば、常勤と変わらないくらいの収入を得る事ができます。
効率良くツアーナースの求人を見つける為には、ツアーナースの求人に特化している、大手の看護師派遣会社のメディカルコンシェルジュへの登録をお勧めします。